これから家を建てる方々に聞くと住宅ローンって怖いイメージがあると口を揃えて言われます。住宅ローンは仕組みを知ればそんなに怖い物ではありません。
むしろ、その他のローンに比べてとても安全なローンです。ただし、安全で無理のない組み方をすればです。そこで、安全で無理のない住宅ローンの組み方を解説します。

そもそも住宅ローンってどんなローン?

住宅ローンとはその名の通り、住宅を購入するときに借りるローンです。
住宅の購入費用はン千万円にもなりますので中々、現金で買える金額ではありません。
そこで銀行フラット35(住宅支援機構)などから資金を借りて家を買います。

通常、最長35年間の住宅ローンを組みますが、そこで疑問が一つ出てきます。

はたして払っていけるのか。35年後も生きているのかなと。
個人で借りる一番大きなローンなので心配は尽きませんね。

でも、住宅ローンは団体信用生命保険や火災・地震保険・各種保証などを組み合わせた比較的、安全なローンです。

ただし、無理な支払計画は危険です!

借りれる金額の出し方

一般的に住宅ローンの借入額を算出するのに使われるのが『返済比率』と言われる算出方法です。
ここで基礎となるのは『年収額』『融資金利もしくは審査金利』です。

一般的な銀行やフラット35での返済比率は30%が基準です。
(年収による返済比率基準はありますが、30%にとどめる事をおススメします。)

30%というのは年収のうち、30%までは住宅費として使っても大丈夫ですねと想定された割合です。

<算出例>
年収400万円の人が35年間、金利1.0%、返済比率30%で借りれる金額は                

3543万円です。

融資金利1.0%だった場合、月々の支払いは100,014円です。

それって払える金額?

大切なのは住宅ローンを払いながら貯金が出来るのが理想です。

毎月払える金額の目安は?

・賃貸にお住まいなら、毎月の家賃支払額
・ご実家にお住まいなら、毎月の貯蓄可能額

つまり、今の生活が維持できる金額が本当に払える金額です。
更に貯金が出来ているとしたら、その毎月の貯金額から幾らまで支払いに回せるかが判断ポイントです。

住宅ローン以外の支出も考える。

住宅を建てると、今まで掛からなかった支払いが出てきます。
借入額を決める前に住宅ローンと共に支払う物として把握しておく事が重要です。

・固定資産税(毎年)
・不動産取得税(不動産取得時に1回のみ)
・自治会費
・CATV(ケーブルTVでの視聴が必要な地域)

その他には、新聞やNHK受信料などがあります。
住み出してから『えっ?』と、ならない様に調べておきましょう。

固定資産税は、地域によって様々です。
事前にどの位支払うのかは近隣の方や不動産屋さん、住宅営業マンに調べてもらいましょう。

住宅ローン以外に支払う費用の目安は、毎月の住宅ローン以外に月1万円~1万五千円位を考えていた方が安全です。

安全な住宅ローン支払額の決め方

毎月の決まった支払を考えて住宅ローンの安全な支払額を決めるには

毎月の世帯収―(毎月の生活費+希望貯蓄額+その他ローン)=(住宅ローン+税金・自治会費等)

上記の式に当てはめてみると、安全な支払額を決める事が出来ます。
賞与など給与以外の収入については、貯蓄やチョットしたレジャーの費用にした方が精神的にもゆとりを持った生活が送れますね。

せっかくの家だからと言う気持ちはわかります。しかし、安全な支払額で計画をしないと予期しない出費に対応出来ません。
ゆとりのある資金計画で安全な家づくりを進めましょう。

建物見学設計相談