平成30年11月13日
南アルプス市にて無事に上棟完了致しました。
先週の雨で順延となり、曇り空の中で雨を気にしながらの上棟でしたが、降る事もなく上棟完了です。

上棟 2018.11.13①

今回は上棟に参加して頂いた大工さんは人数も多く、若い大工集団!
順調に進んだので午前中には小屋組み完成と言うハイペース。

さすが、平均年齢が若い大工集団はテキパキです。
(私は年配の大工さんにも体力で負けますが。。。)

無事に屋根の防水施工も完了。
雨の心配も軽減されます。

上棟 2018.11.13②

上棟は平面図が初めて立体になる特別な日です。
地鎮祭の時にはお施主様ご家族も地縄(家の形に地面に張る縄)を見て

『大丈夫?小さくない?』と心配されていました。

でも、今日の上棟後の建物を見て頂ければ安心頂けると思います。

ご家族の大切な家。大工さんこれからもヨロシクです!

上棟前に良く聞かれる事 上棟式

お昼前にお施主様のお父様が現場に来られました。
昔の建築と今の建築の違いや、昔の職人さんはこうだったね!などと話に華が咲きました。

私も若かりし頃はペンキ職人!昔の上棟式を知る者です。
今から20年前のお施主様は大変でした。
地域にも寄りますが、お施主様の上棟日はこんな感じです。

【昔の上棟式】
①上棟前のお施主様挨拶
②10時のお茶の手配と準備
③昼食の炊き出しと配膳
④3時のお茶の手配と準備
⑤上棟式の準備~屋根に登って餅まき
⑥上棟後に職人さんの労をねぎらう席を用意して、気持ち(粗品と現金など)渡し

昔は家を建てる事は一大事業。近隣の方々への挨拶も兼ねて大変な事でした。
準備や費用も結構な金額です。
(世間体もあって簡単に済ませる事が出来ない時代でしたね。)

今では簡略化されて、ほとんど上棟式を見なくなりました。
古き良き文化ではありましたが、お施主様が大変ですし。

今では、当日もしくは後日に大工さんへの挨拶『お茶やコーヒー缶(1~2箱)とお茶菓子で。』とお伝えしています。
ご両親が心配されるんだと思います。

『上棟式はやるの?大変だよ!』

今は簡略化されているのでご安心下さい。

これから上棟を迎えられる方はご参考にしてください。
(念の為、建築会社に確認はした方が良いです。)

建物を見に行く話を聞きに行く