【住宅ローンの基礎知識】住宅ローンは怖くない!? 安全な住宅ローンとの付き合い方

未分類

なぜ、住宅ローンを怖いと思うのか。

住宅を建てるお客様とお話をしていると、住宅ローンが怖いと良く聞きます。なぜ、怖いと思われるのでしょう。
お客様からは『払えるか心配。』『払えないと家が取られる。』などとお聞きします。
と言う事は住宅ローンが怖いのでは無くて、怖いのは支払いが出来ない事で起こる何かが怖いのです。
住宅ローン

確かに、支払が滞ると『督促状』が届き、それでも支払わないと裁判所命令による『差し押さえ』『競売』等の処理が行われ、ローンの一部は残り、家は取られてしまします。
しかし、そこまで行く事はまれだと思います。失業による支払い不能は銀行に相談する事も出来ます。

支払可能額の基準とされるのが賃貸家賃です。
実際には固定資産税や自治会費、ケーブルTV月額などが掛かりますので、プラス1万円です。
家賃が普通に支払えるのであれば、その家賃同等額のローンを組めば問題が無いと思います。

住宅ローンは安全なローン?

では、実際の住宅ローンとはどう言う物でしょう。
大前提として、安全で安心な住宅を購入する事があります。住宅には住宅瑕疵保証が付保され、地盤保証シロアリ保証も付いています。(念の為、購入先での確認は必要です。)更に耐震性能証明が付いていれば安心です。
保証書

その上で、住宅ローンを組む訳ですが、住宅ローンには団体信用生命保険が付いています。団体信用生命保険は債務者が高度障害もしくは死亡された場合に住宅ローンの残額を完済してくれる保険です。(支払には一定の条件があります。)ご希望によってはがん・三大疾病特約を追加する事も可能です。更に火災保険が付保条件となりますので、火災による消失も再建築可能です。

と言う事は、住宅ローンは起こりうる不慮に対して保険でかなりカバー出来ている安全なローンと言う事です。

大事なのは安全な借入額で組む事

住宅ローン自体は安全なものです。そうすると、必要なのは安全に返済出来る借入額で、貯金も出来る資金計画内で家づくりする事だと思います。

建物を見に行く話を聞きに行く